HOME > 講師紹介 > 小牟礼 伸幸(こむれ のぶゆき)

講師紹介

一覧へ戻る  |  梅崎 利貴(うめざき としたか) >

小牟礼 伸幸(こむれ のぶゆき)



1988年 枚方市生まれ

子どもたちの将来のため、楽しく勉強をサポート!
「誠実さ」をモットーに、一人一人を大切にする細やかなフォローで、定期テスト400点以上を実現する専門家。
日々の会話や各種テストの結果分析から、その子の学習状況に合わせた最適な学習プランを提供、目標点に向けた具体的な学習サポートしている。

高校卒業後、教員を目指すなら、さらに上の大学を目指したいと受験勉強を始める。小規模の予備校に通っていてため、切磋琢磨とは無縁の環境で自習を重ねた。 当時は、予備校の講師の方々にも積極的に助言を求めなかったうえ、自分流で勉強を進めていた。もっと効果的な方法や、アドバイスを求めていれば伸び方も違っていたかもしれないと、自分で学ぶことの難しさや客観的なアドバイスの重要性を痛感した。

その後、東京で働きながら大学で学んだ。職場では、学生をまとめる責任者を経験、積極的に関わる中で、だれ一人途中でやめることなく、それぞれの道に進むことができた。その経験から「伝わりやすい言葉で伝えること」と「励ましの大切さ」を学んだ。地元枚方に戻り、教員採用試験に挑戦する。より一人に焦点を当てて指導できる、塾にしかできない役割があると実感しASPゼミナールで勤務することとなる。

  これまでの経験をもとに、自主学習でのポイントを「子供たちに伝わりやすい言葉」で解説、「励まし」を大切に気持ち面でもサポート、定期テスト400点以上の生徒を毎学期多数輩出!生徒からは、「説明の文字が見やすく、内容もわかりやすい」「やさしく丁寧に教えてくれる」「話しかけやすく、質問しやすい」「小さく笑いを取り入れるとろが親しみやすい」などの声を数多くいただき、その声を励みに日々前進できるよう自己研鑽に励んでいる。

多くの子供たちにとって、高校受験は進路選択の第一歩であり、その一歩を後押しして、自分の夢を実現していく子供を、一人でも多く育てることを本気で目指している。 子どもたちが塾で身につけた「自主性」と「壁を乗り越える強さ」で、幸せな人生を歩んでいくことを心から願っている。枚方の地から、教育で日本の未来を明るくすることができると信じている。
   昭和63年生まれ
得意な教科 社会・英語
高校時代のクラブ サッカー部
好きな言葉 小事が大事

一覧へ戻る  |  梅崎 利貴(うめざき としたか) >

このページのトップへ